デジタルカッタ ZKC-25ST/ZKC-25Sシリーズ(造研) スダレ型フラットケーブルの切断機能を追加
株式会社MKエレクトロニクス ホームへ  
MKサイトマップ
個人情報保護について
会社案内 MKからのお知らせ カタログ/資料請求 サポート お問合せ



製品紹介



ZKCシリーズ 共通仕様
ZKC-325/325T/325C/325CT
ZKC-200/200C
ZKC-25/25T/25C/25CT
ZKC-325W/325WT
ZKC-25M/25MT


ZKC-325V/325VT/325VF/
325VFT
ZKC-325VFT-009/325VFT-004
ZKC-25S/25ST
ZKC-25-W1/25T-W1
ZKC-25ENL
ZKC-16/16T/16A/16AT
材料供給機 接続例
切断機比較表


切断機/カットマシン
KODERA キャスティング

 
 
切断・加工テスト


 


電話でのお問合せ029-254-6104 FAXでのお問合せ029-252-1498
メールでのお問合せ先
 

デジタルカッタ
スダレフラットケーブル専用機


ZKC-25ST(薄刃タイプ)
ZKC-25S(シャー刃タイプ)

生産終了

標準機の機能に加えて、スダレ型フラットケーブルの切断機能を追加

デジタルカッタカタログダウンロード




1. センサーを1つ搭載
2. 標準機としての使用方法に加えてスダレ型フラットケーブルの切断に最適な切断方法を画面上で選択可能
3. 安全性重視設計により、インターロック付きカバー、フィンガーガードを採用
4. シャー刃タイプと薄刃タイプは購入後も変更可能
5. マルチ電源を搭載し、AC100V~AC240Vに対応
マーク切断と標準切断の使い分けについて
電源投入時にマークと標準のタイプ決定画面が表示され、どちらかを選択します。標準を選ぶと、ZKC-25/25Tと同様の画面となり、使い方も同じです。マークを選ぶと、センサーを使用した切断となり、2種類のカットモードでの切断となります。

センサーとスリッターについて
スリッターは使用するときだけ、下に下ろして、フラットケーブルの非融着部を広げます。
透過型センサーはスリッターの上にあり、ケーブルの非融着部と融着部を見分けています。
カットモードについて
カットモードはモードOとモードFの2種類です。
モードO
融着部分を検出したら、融着部分の先端から設定した長さで切断します。
1つ目の融着部から2つ、2つ目の融着部から2つ、計4つの長さを設定できます。
モードF
融着部を測長し、1/2の長さで切断します。



 品 名
ZKC-25S/ZKC-25ST
タイプ
マーク切断時
標準切断時
送り速度
[mm/s]
100~600
切断長さ
0.1~99999.9
切断数
[個]
1~999999
繰返切断精度※1
±0.2
有効切断幅
10~100
0~100
切断部の開口高さ
1.5
20
外部入出力端子
切断力:下死点より0.5mm※2
[kN(kgf)]
1.28(128)
加工量


設定長さ10mm(個/分) 120
設定長さ100mm(個/分) 93
設定長さ1000mm(個/分) 24
電源
AC100V2A~AC240V1A
外形寸法※3
516W×306D×387H
質量
[kg]
30
※1当社試験材、指定長さによる切断精度です。
※2計算値(モーター出力より)
※3外部寸法には、ネジなどの突出部は含まれていません。
※材質、形状によって切断できないものもございますので、ご確認ください。

資料請求・お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

このページの先頭へ

Copyright © MK ELECTRONICS Co., Ltd. All Rights Reserved.