株式会社MKエレクトロニクス ホームへ  
MKサイトマップ
個人情報保護について
会社案内 MKからのお知らせ カタログ/資料請求 サポート お問合せ



製品紹介


デジタルスケール
除振台 マグフロート
マイティ製カップリング販売
梱包緩衝材装置
Zパック ミドルタイプ ZKP-250
エアー緩衝材製造機 PACO-214
エアー緩衝材製造機 PACO-140
卓上型電気溶接機


USB-PEN型マイクロスコープ
CJK-01
スマートカッター SMC300

電話でのお問合せ029-254-6104 FAXでのお問合せ029-252-1498
メールでのお問合せ先
 
卓上型電気溶接機 -Mr.Spot ミスタースポットくん-

Mr.Spot ミスタースポットくん


1. 家庭用電源で手軽に溶接できます。
2. 形はコンパクトでも抜群の溶接力!
3. 場所も電気代もとりません。(1日連続5時間使用でたったの100円)
4. 電気が恐くて苦手な人でも安心!(漏電の心配はありません)
5. 環境にやさしい安全設計です。
6. あらゆる場所で使用できます。(工場の片隅、実験室、お店、日曜大工など)
7. カメラ部品、時計、玩具、精密部品など幅広い用途に!(はんだ付け、ビス止めの代わりに)





1. 溶接した製品に歪みが発生しません。
2. 溶接部分は酸化しません。
3. 異種金属の溶接が可能です。


1. 上電極棒支持部(3φ、5φ用)
2. 下電極棒(丸棒、板状)
3. 上部クロム銅電極棒(一般溶接用3φ、5φ)


1. タングステン、モリブデン・・・金、銀、銅など抵抗が低く、熱伝導の高い金属溶接用に!
2. 銅、タングステン・・・電極棒の磨耗を嫌う溶接用に!(クロム銅の約15倍の耐久力)



1. 溶接機構部付き作業台を定位置に設置する。
2. 足踏みペタルを作業台の下に置き、チェーンを台裏面の溶接部レバーに取りつける。(写真1)
3. 足踏みペタルを丁度良い位置にセットしてから両面接着テープ等で固定する。(写真2)
4. 電源部を作業台上に設置(作業台の右側に置くと便利です。)
5. 溶接機構部からの電源コードを電源アンプへ接続する。(写真3右)
6. 電源アンプからコードを家庭用コンセントへ接続する。(写真3左)
注:使用中以外はコンセントからはずして下さい。
7. 溶接機構部電極の取り付け
○上部電極の取りつけ(写真4)
○下部電極の取り付け(写真5)
○取りつけ完了写真(写真6)
8. 溶接部材の板厚さと溶接力の目安は以下の表を参考にして下さい。


資料請求・お問合せ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

このページの先頭へ

Copyright © MK ELECTRONICS Co., Ltd. All Rights Reserved.